2018年06月14日

雲り空から雨粒

先日「美美の環」芸術祭で共演させていただいたTerako先生&みつ先生が

この日曜日、呉でミュージックフェスティバルを開催されました。

で、リディア美江先生と一緒に応援にかけつけたんです♪

ステージは50組以上もの出演者による熱気あふれる舞台でした!

Terako先生は舞台進行兼ピアノ HK Apartment伴奏で、みつ先生は音響で大活躍。

コンサートイベントの責任者として大変なのは、円滑な舞台進行をこころがけながら、

出演者の精神面と演奏環境面で細やかにフォローしていかなくてはならないこと。

それはこうして言葉にするほど生易しいことではなく、常に気を張ってなきゃいけない。

自己を律し、ステージと客席に目を光らせては瞬時に判断して動き、舞台に貢献する。

美しいお姿だなぁと感じました。

先生方、どうぞお疲れが出ませぬよう。


ところでエムミュージックさんには統一派位、ものすごい必殺技があります。

それは天気予報を覆してしまうとこ!

ちなみに、ゴールデンウィーク中に開催されたフラワーフェスティバル野外公演では

雨予報だったにもかかわらず、このお天気!



空に魔法をかけたみたいですよね♪

アブラカタブラ〜☆

ところが、このたびのお天気に関してはハナから絶望的でした。

なにしろ1週間前から連日のように耳に入ってくるのは、暗雲垂れ込めた予報ばかり。

南の海上に位置する熱帯低気圧が、日本列島を覆う梅雨前線を刺激して

日曜日は猛烈な雨と風で荒れたお天気になるでしょう!

う〜む、梅雨前線と熱帯性低気圧にタッグを組まれては、

さすがのエムミュージックさんも万事休すか!?


会場が海辺のポートピアとくれば花灑、海風や高潮も気になるところ。

当日朝、濡れることを前提とした装いに身を包み、車に雨傘を積み込んだ僕らは、

曇天の下、一路呉を目指して海岸線をドライブ。

ところが、なんということでしょう!

現地に到着する頃には、雲り空から雨粒どころか薄明かりが洩れ始め、

ランチタイムともなると陽が射してきたではありませんか!!!

あるんですねぇ、こんなことって!


興奮気味にそのことをTerako先生にお伝えしたところ、

「うちのスタジオは、先代が晴れ男でしたからねぇ。フフフ♪」

大らかで朗らかなお答え。


客席で周りを見渡せば、雨傘を持って舞台鑑賞してるのは僕らふたりだけ。

さすが皆さん、わかってらっしゃる!

エムミュージックの公演は、雨と無縁だと。


気は心。

天気も心。


こうして出番のなかった雨傘と共に、楽の音を車いっぱいに詰め込んで、

その日僕らは帰路に着いたのでした。



Posted by mikii123  at 15:17 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。