2018年01月12日

何とも言えぬ力

昨今は何かとジビエ・ブームのようなところがある。
ちょっと小粋なレストランに入ると、エゾシカやイノシシなどの
ジビエ料理の黒板メニューが出ていたりする。
ただ、盛りつけられて出てきた時には、特製ソースで彩られ
その野性味がすっ飛んで電熱墊しまって品の良い料理として供され、
「何コレ?」という状態になる。
元ソニーの社長出井伸之氏がジビエについて書いたエッセイがあったが、
それによると、彼が現役時代、厳しい冬のフランスの片田舎に飛び、
そこで地元の猟師が獲ってきたジビエを食するのが好きだったとあった。
ちょっと焦がしただけの血の滴るような肉を、口に血を付いたことも気にせず
貪るように食べると、身体の中に何とも言えぬ力が漲ってきたとある。
ジビエの効用はそんなとこ葵涌通渠ろかも知れない。
「私たちジビエで〜す」と、いい子ぶって皿に盛られているようでは、
その野性の効用というものが出ない。
大脳生理学者のセルジュ・ドゥブロフスキーは「食するとは殺戮の一種。
味覚が成り立つには破壊が伴う」などという物騒な表現がある。
食というものは、もともと誰かの命を頂戴しながら自らの命を延命しているもの。
日本人の「いただきます」は他のモノの命を供養して
頂戴する意味で使っているとも言われる。
食は一種の原罪のようなところがある。
高級レストランなどに行くと、
うやうやしくワゴンに乗せら痔瘡出血れた肉が運ばれてくることがある。
よく光ったシルバーの覆いをとると湯気を上げた焼きたての肉の塊があり、
それを、そのレストランの長たる料理人の手によって、
お客の注目する中で切り分け、一人一人のお皿に盛りつけられる。
このような様子は、まるで、司祭が捧げものにする獣の肉を
切り分けている姿のようでもある。レストランとは、
「司祭によって聖化されたもの」を食する体(てい)をとっているとも見える。
司祭の許しを得て、原罪を取り払い、食するようなものとも言えそうだ。

そういう考えからすると、ジビエは、野性的に食することで、
司祭が君臨するようなおさまり良い社会から逸脱した気分になる。
その反骨的野生感が強い力や活力になるとも言える。

「ジビエは野性的に食べることこそ本意なれ」
といったところだろう...
  


Posted by mikii123  at 16:45Comments(0)

2018年01月12日

識別するので




彼が出て行ったあとの静かすぎる部屋。寂しくはない。でも・・・


一年同棲していた彼が部屋を出て行った。

ドラマチックな恋じゃなかったし、だらだらと一緒に過ごすうちに好きとか愛情とかはいつの間にか消えてしまったので寂しくはない。

でも独りになってから何もする気が起きずいつもぼんやりしてしまう。

彼と暮らした、思い出と呼ぶにはあまりにも儚い朧げな記憶。

そんなある日、かわいがっているインコが立てる優しくて平和な音に小さな幸せを感じた・・



『幸せのかたまり』


まだ半分しか覚醒していない耳に、かすかな、ギョリ・・ギョリ、という音が聞こえた。小さな貝殻を擦り合わせるような静かな音だ。

麻結美は、膝の上に落ちていた文庫本を取り上げてテーブルの上に置き、軽く背伸びをしてから立ち上がった。

傾き始めた日差しのオレンジ色をした薄闇が入り込んだ部屋は、一瞬、景色が違って見え、自分の部屋ではない、どこか全然知らない場所に見える。

静かすぎるせいかもしれない。

特にすることもなかったので、何となく途中まで読みかけだった恋愛小説を読み始め、数ページも行かないうちに、キッチンの椅子に腰掛けたまま眠り込んでしまったようだ。

またさっきの、ギョリ、という音がした。その音の主は窓辺に置かれた鳥籠の中にいた。

「こゆきも居眠り中なのね」そっと近づいて優しく話しかけた相手は麻結美がこの部屋で一緒に暮らしているオスのボタンインコである。こゆきという名は、真っ白な羽色が雪を連動させたので小雪(こゆき)。

そのこゆきは、居眠りをしているとか、遊んでいる時以外で静かに寛いだ気分の時に、上下の嘴をこすり合せて、ギョリ、という音を立てた。だから彼がこの音を出しているということはリラックスして満ち足りている証拠である。

先々週までは、こゆきの他にも同居人がいた。約一年同棲していた同い年の彼氏だったが、麻結美のアパートの部屋に転がり込んで来た時と同じように、その少ない荷物と共に唐突に出て行って、彼と暮らす前のこゆきと二人の生活に戻った。

破局・・といえば破局なのだが、そんなドラマチックなものじゃないと麻結美は思っている。

大して行く気もなかった高校の時の同窓会に何となく出席して、その二次会で同じクラスだった彼と何となく意気投合し、そのまま成り行きでホテルに行った。

そしてどこが始まりなのか分からないうちに、いつの間にか恋人同士になり、お互いの仕事が休みの日にデートをしたりキスをしたり、一緒に住むようになってからは麻結美の狭いベッドの上で昼間から裸で抱き合ったり。しかしそんな何の進展もない恋は、いつかデートの最中に見た砂で作ったアート作品のように、サラサラとゆっくりゆっくり崩れて、気づかないうちに跡形もなく消えていた。

一緒に住む理由が消え失せてからも、しばらくの間、彼はこの部屋でグズグズしていた。しかし、愛情があろうと無かろうと、夕食後の歯磨きみたいに習慣になってしまったセックスのあとに、何気なく麻結美が口にした「いつまでここにいるの」という言葉によって二人とも魔法が解けたように我に返り、すべてはずっと前に終わっていたことに遅ればせながら気がついた。

まるで居眠りしている間に映画の本編が終わり、エンドロールが流れ始めてからやっと目が覚めた時のように。

だから彼が出て行く時も、惜別の涙や感動的な台詞はなかった。「さようなら」も今さらな気がしたから、彼が場違いな感じで「じゃあ」と手を上げ、麻結美が「うん」と答えただけでお終いだった。

ドアが閉まってジ・エンド。感動の拍手は無し。

失恋の痛みなどこれっぽっちも感じなかった。痛みは無かったが彼が出て行ったことはある後遺症を麻結美に残した。何もやる気が起きないのだ。昼間の仕事中は以前と何も変わらない。でも自分の部屋に帰ってきたとたん、身体がだるくなり気力がどこかへ行ってしまう。

日曜日には部屋から出なくなった。今日もそうだ。せっかくのよく晴れた休日なのに、いつまでもグズグズとベッドの上で毛布にくるまり、十時を回ってからやっと起き上がる。

そしてぼうっとしたまま部屋着に着替え、昨日の残り物で適当に遅い朝食を済ませてからダラダラと洗濯を終わらせると、すでにお昼近い時刻になっている。

どこかへ出掛ける気も何をする気も起きなかった。

彼が居なくなり一人になった麻結美の話し相手はインコのこゆき。

三年前、生まれたばかりのまだ毛も生えていないピンク色の小さなヒナから育てた。だから手乗りどころか手の中で寝てしまうほど麻結美に慣れて心を許している。

でもそれは麻結美に対してだけ。ボタンインコはとても賢く、人を識別するので、彼に対してはいつまで経っても懐かなかった。迂闊に手を出すと噛まれた。

「俺に焼きもち焼いているのかな」
「さあ。こゆきに聞いてみようか」
「聞くって、インコに言葉なんて分からないだろう」
「そんなことないよ。ねえ、こゆき」

彼と交わした他愛のない会話。思い出と呼ぶにはあまりにも儚い朧げな記憶。

またギョリっと音がした。見るとこゆきが薄く目を閉じて嘴をもぐもぐさせている。また微睡んでいるようだ。


なんだか幸せそう。


こゆきが作り出す小さなギョリっという音を聞くと、いつも平和で優しい気持ちになる。


鳥かごの扉をそっと開け、フワッと膨らんだ小さな体に触れた。

それは夢のように柔らかくて暖かで、麻結美は、何だか幸せのかたまりみたいだと思った。


小さな幸せがフワッと集まった小さな小さな暖かいかたまり。

優しく手の中に包み込んでみると、その幸せがじんわり流れ込んでくるような気がした。  


Posted by mikii123  at 16:36Comments(0)